共通ナビゲーションを飛ばす
サイト内検索
文字のサイズを変更する
  • 文字サイズ(小)
  • 文字サイズ(中)
  • 文字サイズ(大)


現在のページの位置:ホーム > 事業紹介 > 石油事業 > 輸送・備蓄 > ダブルハル・タンカー


ダブルハル・タンカー

原油流出事故を未然に防ぐ
海における石油流出事故が環境に与える影響は莫大です。
コスモ石油では1998年より定期用船とするタンカーの原油タンク部分のダブルハル化(二重構造化)を進め、2005年以来、定期用船10隻全船で導入しています。
建造中のダブルハルタンカーの内殻、外殻構造を示した写真

ダブルハル構造

外殻:私たちが通常見る事のできる船体。 内殻:外殻に守られた原油タンク。外殻が破られても、原油が漏れ出さない工夫が施されています。船体の進行軸線に向っても、いくつかの部屋にも分かれています。
[ダブルハル構造のしくみ]
原油流出事故の未然防止策として、シングルハル構造の船体断面図とダブルハル構造の船体断面図を比較した図。シングルハルでは船底で原油と海水が1枚の殻により仕切られているだけであり、ダブルハルの場合では、内殻と外殻の間にギャップがあるため原油が海に漏れ出さないのです。
本文ここまで

ページの先頭へ

©COSMO OIL Co.,Ltd. All Rights Reserved.